製品紹介

TEL.06-6762-7338 FAX.06-6762-0425
コンプレッサ エアドライヤー/フィルター モータ

コンプレッサ-コベルコ・コンプレッサ

kobelion (コベライアン) 22kw〜37kwクラス

コベルコ・コンプレッサ株式会社(KOBELCO)

VS SERIES インバータ機
VS425AD/A-22 VS695AD/A-37

コベルコ・コンプレッサ株式会社(KOBELCO)

インバーター機のスタンダードモデル
ワイドレンジ制御による増風量

カタログを見る(PDF)
コベルコ・コンプレッサ株式会社(KOBELCO)

VX SERIES インバータ機
VX485AD/A-22 VX775AD/A-37

コベルコ・コンプレッサ株式会社(KOBELCO)

クラス最高の吐出空気量を実現した新型コベライアン。
低圧0.4MPA
運転時に最高レベルの省エネメリットを提供

カタログを見る(PDF)
コベルコ・コンプレッサ株式会社(KOBELCO)

SG SERIES 標準タイプ
SG395AD/A-22 SG695AD/A-22

コベルコ・コンプレッサ株式会社(KOBELCO)

コベライアンの標準機モデルです。

カタログを見る(PDF)

kobelion (コベライアン) 7.5kw〜15kw クラス

コベルコ・コンプレッサ株式会社(KOBELCO)

VS SERIES インバータ機
VS 115AD/A  VS 175D/A  VS 245AD/A

コベルコ・コンプレッサ株式会社(KOBELCO)

小型インバータ機の一押し品!
小型機における最高レベルの省エネ性。
ワイドレンジ制御による増風量により
エネルギーロスを削減

カタログを見る(PDF)
コベルコ・コンプレッサ株式会社(KOBELCO)

SG SERIES 標準機
SG 230AD/A

コベルコ・コンプレッサ株式会社(KOBELCO)

コベライアンの標準機ラインSGシリーズは、
省エネ性に優れたロード/アンロード制御を採用。
自動発信orアンロード運転の切り替え機能付き。
従来比 吐出空気量がアップしました。

カタログを見る(PDF)

March掘.沺璽銑掘5.5〜11kw

コベルコ・コンプレッサ株式会社(KOBELCO)

CM6BD-5/6 CM8BD-5/6 CM11BD-5/6 
CM6PD-5/6H CM8PD-5/6H 
CM11PD-5/6H

コベルコ・コンプレッサ株式会社(KOBELCO)

誰にでもすぐ使える操作性の良さと優れた耐久性。
自動発停、アンローダの2つの運転モードを使用。
状態に合わせて洗濯可能。
高圧(1.27MPa)仕様もラインナップ。

カタログを見る(PDF)

SUKESAN 掘―さん 掘1.5〜3.7kw

コベルコ・コンプレッサ株式会社(KOBELCO)

AS2PD-5/6 AS3PD-5/6 AS4PD-5/6

コベルコ・コンプレッサ株式会社(KOBELCO)

シンプルな操作性と高性能な全自動小型機。
多様なレイアウトに対応するコンパクトサイズ
キャスター付で移動もらく

カタログを見る(PDF)

コンプレッサ-その他取り扱いメーカー

三井精機工業株式会社

三井精機株式会社

i-14000 SERIES
u-14000 SERIES
Zgaiard SERIES インバータ機

三井精機株式会社

標準機
Z08AS3-R ZV08AS4-R
Z11AS3-R ZV11AS4-R
Z15AS3-R ZV15AS3-R
Z22AS3-R ZV22AS4i-R
Z37AS3-R Zu37AS4i-R

00

日立産機システム株式会社レシプロコンプレッサー

00

株式会社明治機械製作所レシプロコンプレッサ

00

アネスト岩田レシプロコンプレッサー

00

株式会社富士コンプレッサ製作所レシプロコンプレッサー

00

株式会社三黄機械製作所レシプロコンプレッサ
AHS 0.4〜11kw
HS
パッケージ型コンプレッサ
PHS

 

この製品の見積り・お問い合わせについて

五条エアマシン株式会社
  • TEL.06-6762-7338
  • FAX.06-6762-0425
お問い合わせはこちらから

コンプレッサ販売・修理

  • コンプレッサで お困りですか?
  • 省エネ対策の ご提案
  • 定期 メンテナンス
  • 製品案内
省エネ診断
  • クリーンエア機器・ドレン処理とは
  • 製品案内
  • モータのご案内
  • 製品案内

エア・水配管工事 エア配管からダクト工事まで工場の設備工事はお任せください。

コンプレッサでつくられた圧縮空気をそのままの圧力、容量の損失が少ないまま現場まで送ることができれば、理想的な配管といえます。配管のロスをいかに少なくするかがコストダウンの決め手です。

詳しく見る